FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.03.27 (Wed)

第233回 イチロー引退

大脱走02
▲イチローよりも、こういうものから「感動」を得る人間もいるのです。


 わたしはかなり重症のスポーツ音痴で、野球のルールもまともに知らない人間なので、以下に書くことは、かなりの的外れ、かつ、不快な思いを抱かせることと思う。よって、お叱りを承知で書く。

 イチローが引退を発表したが、直後のメディアの右へ倣えぶりには、驚いた。一般紙、スポーツ紙の騒ぎ方には、「イチロー引退を盛り上げなければならない」との無理やり感が、溢れていたように感じた(わたしはTVをあまり観ないのだが、たぶん、新聞よりすごかったのではないか。ラジオは、どこもほぼ通常通りだったが)。
 航空会社が、彼が乗る帰国便の搭乗ゲートを「51」に変更した、そのことを大ニュースのように報じるに至っては、大のおとながやることとは思えず、恥ずかしささえ、感じた。
 日本人は、本来、こういう騒ぎ方を嫌う民族ではなかったのか。その精神が、和歌や俳諧、茶・華・書道、相撲における力士の態度、さらには雅楽や、能・狂言を生んだのではなかったのか。

 上述のように、わたしはスポーツ音痴なので、イチローの残した記録や足跡は、すごいらしいのだが、正直、よくわからない。日本のスポーツ選手が海外で好成績をおさめると、「感動をありがとう」「元気をもらった」と、新聞に見出しが出る。だが、そのような経験も記憶も、わたしには、ない。
 そういえば、作家・曽野綾子さんによる、産経新聞の連載エッセイ「透明な歳月の光」が、3月27日付の「第843回」で終了した。23年にわたる連載だった。ここから、どれだけ「やる気」をいただいたか、わからない。要は、ひとそれぞれなのである。

 そもそも、お前には、感動や憧れの対象はないのか、と問われれば、もちろん、ある。ただそれが、コナン・ドイルの『失われた世界』だったり、手塚治虫の『鉄腕アトム』だったり、映画『大脱走』だったり、レナード・バーンスタインだったり、テオ・アンゲロプロスだったり、あるいは、吹奏楽コンクール課題曲《五月の風》(真島俊夫作曲)だったりするので、即座に共感してもらえるひとなどめったにおらず、よって、あまり口に出さないのである。

 だが、イチロー引退は、これだけメディアが取り上げているのだから、誰もが話題にしているのかと思いきや、少なくとも、わたしの周囲には、ひとりもいなかった。
 強いていうと、翌日、近所の居酒屋で、TVでニュースを見ていたオヤジ客が「イチローも歳だから、しゃーねーわな」と口ずさんでいた、それだけだった。そのオヤジ客は、別に残念そうでもなく、ましてや感動を与えられた様子もなく、不愛想な表情で「じゃ、お勘定して」と帰っていった。

 つまり、どうやら、メディアの様相と、一般社会の現実は、一致していないようなのである。今年の大河ドラマ『いだてん』第一回放送直後、ツイッターを見たら、絶賛の嵐だった。特に宮藤官九郎の人気はすごいものがあった。この調子だと、今年の大河ドラマは高視聴率なのだろうと思いきや、ご存知のように、すさまじい低視聴率である。これも、メディアの様相と現実が一致していない一例だろう。
 わたしは戦前のことなどまったく知らないが、日本が戦争に傾倒していくときの空気は、こんな感じだったのではないだろうか。「みんなで〇〇しよう」「同じ気分で盛り上がらなければ損だ」「誉めよ、讃えよ」……と。

 こういう原稿で、「イチローは、たしかにすごい選手だと思う」「イチローの活躍を否定するつもりなど、毛頭ない」みたいな“前置き”を書くひとがいる。だが、それすら書けないほど、なにも知らない、わたしのような世間知らずもいるのだ。そして、そういう連中も、少しは声をあげておかないと、メディアにだまされっぱなしになる、そんな気がしてならないのである。
 もちろん、「そんなに知らなきゃ、黙ってろ」と言われれば、それまでです。
 すいません。
<一部敬称略>

【ご案内】
 3月23日(土)19:00~19:55、文化放送の特別番組「普門館からありがとう~東京佼成ウインドオーケストラとコンクール課題曲」に、解説ゲストとして出演しました。
 現在、アーカイブで聴けます。※4月30日(火)23:59まで
 お時間あれば、お聴きください。
(富樫鉄火)

◆「富樫鉄火のグル新」は、吹奏楽ウェブマガジン「BandPower」生まれです。第132回以前のバックナンバーは、こちら。

◆毎週(土)23時・FMカオン、毎週(日)正午・調布FMにて、「BPラジオ/吹奏楽の世界へようこそ」パーソナリティをやってます。
 パソコンやスマホで聴けます。 内容の詳細や聴き方は、上記「BandPower」で。

◆ミステリを中心とする面白本書評なら、西野智紀さんのブログを。 
 最近、書評サイト「HONZ」でもデビューしています。
スポンサーサイト



15:23  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |