FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.06.25 (Tue)

第244回 タッド、佼成、シエナ

 
 6月は、吹奏楽漬けだった。主なものだけ、記す。

USB-0121.jpg
▲タッド・ウインドシンフォニー

 6月14日(金)夜、タッド・ウインドシンフォニーの第26回定期演奏会(鈴木孝佳指揮/杉並公会堂)。前半のトリが、ヴァン=デル=ロースト《高山の印象》、後半はチェザリーニの交響曲第2番《江戸の情景》全5楽章(公式日本初演)。
 前者は岐阜の高山祭がモチーフ。後者は広重の浮世絵「名所江戸百景」がモチーフ。つまり、どちらもヨーロッパの作曲家が日本古来の題材にアプローチした曲で、うまい構成だった。前者は「和」風のピッコロで始まる(いかにも日本の祭りの笛)。祝典序曲のような曲だった。後者は、さすがチェザリーニといいたくなる熟練の響きで、なるほど、浮世絵はこんなイメージなのかと思いながら楽しんだ。第2楽章〈市中繁栄七夕祭〉など、《八木節》のようで、微笑ましかった。
 そういえば、ジュリー・ジルーの交響曲 第4番《ブックマークス・フロム・ジャパン》も、北斎や広重が題材だった。古くはドビュッシーの交響詩《海》も、また、真島俊夫《Mont Fuji》も、北斎の「神奈川沖浪裏」がヒントだったわけで、いまや浮世絵は、作曲の恰好のネタみたいだ。
 なお、チェザリーニの《江戸の情景》については、樋口幸弘氏が「BandPower」で密着レポートを発表しておられるので、お読みいただきたい。

2佼成
▲東京佼成ウインドオーケストラ
 
 翌15日(土)昼は、東京佼成ウインドオーケストラの第144回定期演奏会(大井剛史指揮/東京芸術劇場)。なんとも凝った番組で、生誕70年/真島俊夫《鳳凰が舞う》、生誕80年/ジェイガー《壁》、生誕90年/黛敏郎《トーンプレロマス55》、生誕100年/ネリベル《シンフォニック・レクイエム》の4曲。
 ジェイガー作品とネリベル作品は、わたしは初めて聴いた(と思う)。《壁》は、ワシントンにある「ベトナム戦争戦役者慰霊碑」がモチーフ。最近公開されたアメリカ映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のラストに登場した、長い、真っ黒な記念碑壁だ。ジェイガー作品は、祝祭的な曲ばかりが有名だが、戦争を題材にした曲も多く、あまり知られていないので、貴重な機会だった。
 ネリベル作品は、バスバリトン歌手を要する大編成曲で、どんな曲なのか、半ば不安を覚えながら聴いたが、もう冒頭の響きからしてネリベルそのもので、かえって安心した。曲名は「レクイエム」だが、〈キリエ〉や〈アニュス・デイ〉があるわけではなく、4楽章の交響曲的な構成だった。
 黛作品を実演で聴いたのは、1999年、岩城宏之指揮の第65回定期演奏会以来だった。CD録音もされた。芸術祭優秀賞を受賞した名盤である。受賞記念パーティーで、岩城さんがニコニコしながら「次は武満作品をやりたい」と語っていたのが、つい昨日のことのようだ。

3シエナ
▲シエナ・ウインド・オーケストラ
 
 同日夜は、シエナ・ウインド・オーケストラの第48回定期演奏会(原田慶太楼指揮/文京シビックホール)。なんと8曲すべて、委嘱新作初演。顔ぶれは、(演奏順に)オリヴァー・ヴェースピ、福田洋介、ヤン・ヴァン=デル=ロースト、清水大輔、ヨハン・デ=メイ、中橋愛生、フィリップ・スパーク、挾間美帆。
 これは実に面白いコンサートだった。すべて、演奏時間は8分以内、通常の大編成で作曲されている(つまりコンクール自由曲向け)。各曲について述べる紙幅はないが、おもちゃ箱をひっくり返したようなひとときだった。VdRとデ=メイ以外の6人が来場していたせいもあり、会場は、曲を重ねるごとに熱気を帯びていった。ポップス・コンサートでもないのに、ああいう空気が生まれることは、珍しいと思う。
 もちろん、8曲それぞれが個性的で素晴らしかったせいもあるのだが、指揮・原田慶太楼と、シエナWOの熱演のおかげでもあった。マエストロ原田は、8曲を完全に体内に沁み込ませており、危なげなところが皆無。しかも明らかに作曲家と作品に敬意と同感を抱いている様子が伝わってきて、「そこまでやるか」と言いたくなり、ちょっとジーンときてしまった。シエナも、昨日生まれたばかりの曲に、よくぞ、あれだけのパワーを注ぎこめたと思う。
 終演後、舞台裏へ行くと、みなさん汗びっしょりで、かすかにゼエゼエと息が切れかけているメンバーもいた。リハーサルとレコーディングで、数日間、たいへんな仕事だったようだ。
 ちなみに、マエストロ原田は、日本生まれだが、高校以降、アメリカで生活しており、現在は、シンシナティ交響楽団などで活躍している。すでに日本での活動も増えているが、今後、さらに売れっ子になることは間違いない。

 最後に、これは私事でもあるのだが、22日(土)~23日(日)、毎年恒例の、東京佼成ウインドオーケストラ九州公演に、司会解説で同行させていただいた(和田一樹指揮/アルカスSASEBO、福岡市民会館)。人気オリジナルとポップス(NSB)中心だが、こちらもまた、マエストロ和田の熱い指揮のおかげで、会場のテンションは上がりっぱなしだった。
 この時期は、コンクール課題曲の演奏もあるので、福岡公演の前半などは、計7曲にもなった。舞台袖で聴きながら、「プロとはいえ、スゴイなあ」と、いまさらながら感心した。もちろん、こちらもみなさん、終演後は、汗びっしょり、(わたしに近い年齢の方は)半ば息がゼエゼエだった。
 演奏はたいへんだろうが、こういうコンサートが東京でもあったらなあ、と思った。だってみなさん、東京佼成WOの《たなばた》や《エル・カミーノ・レアル》も、たまには聴いてみたいでしょう?
<一部敬称略>

【お知らせ】
6月24日(月)にラジオ福島で放送された特別番組「こころひとつに…普門館からありがとう」が、7月24日まで、同局サイトのアーカイブで聴取可能です。今年度課題曲のほか、5月に白河で開催された演奏会でのスミス《華麗なる舞曲》ライヴも聴けます(指揮:飯森範親)。ほかに、田中靖人さん、わたし(富樫鉄火)のインタビューもあります。


◆「富樫鉄火のグル新」は、吹奏楽ウェブマガジン「BandPower」生まれです。第132回以前のバックナンバーは、こちら。

◆毎週(土)23時・FMカオン、毎週(日)正午・調布FMにて、「BPラジオ/吹奏楽の世界へようこそ」パーソナリティをやってます。
 パソコンやスマホで聴けます。 内容の詳細や聴き方は、上記「BandPower」で。

◆ミステリを中心とする面白本書評なら、西野智紀さんのブログを。 
 最近、書評サイト「HONZ」でもデビューしています。
スポンサーサイト



17:29  |  吹奏楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |