fc2ブログ
2023年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2022.10.30 (Sun)

第366回 新刊紹介/「循環形式」の漫画『音盤紀行』

音盤紀行2
▲アナログ感覚あふれる造本、毛塚了一郎『音盤紀行』(KADOKAWA/エンターブレイン)


 たいへん味わいのある「音楽漫画」をご紹介したい。
 近年、アナログ・レコード(「針」で聴く、むかしながらのEPやLP)の人気が再燃している。ポップスやクラシックでも、CDと同時にアナログ盤がリリースされるケースも多いが、中古盤もたいへんな人気である。配信やサブスクの隆盛で、CDの売れ行きが激減しているのに比して、不思議な現象ともいえる。

 人気の理由のひとつに、「アナログ・レコードのほうが、デジタル(CDや配信)よりも、音が温かい」ことがあるという。
 人間は、下は20Hz前後から、上は20,000Hz前後までの音を「鼓膜」の振動で感知できるといわれている。ところが、実際のナマ演奏では、40,000Hz前後までの音が発生しているそうで、それらは、通常感覚では感知できない。だが、その「聴こえない」音が鼓膜や脳に与える刺激が、「温かい音」となって感じるらしい。デジタルは、その「聴こえない」部分をカットしてしまうが、アナログには残っている。だから、「温かい音」を感じる……のだという。

 そんな「温かい音」をもつアナログ・レコードをめぐる連作短編集が、毛塚了一郎著、漫画『音盤紀行』である。
 現在発売中の第1巻には、5話がおさめられている。
 第1話「追想レコード」は、亡き祖父が残した大量のレコードを処分する孫娘の物語。
 中古店「ミヤマレコード」に買い取りを頼んだら、若い女性店主・深山さんがやってきた。査定してもらうと、なかなかの値打ちものばかりである。
 そのなかに、1枚、不思議なレコードがあった。見たこともない文字のジャケットで、明らかに輸入盤だ。プレーヤーで再生してみると、民族音楽らしき耳慣れない音楽が流れてきた。ジャケットには「マヤナ」と祖父の字で書き込まれている。祖父は、なぜこんなレコードを持っていたのか。「マヤナ」とはなにか。孫娘と深山さんは、このレコードのルーツを探りはじめる。それは、祖父の知られざる人生をたどる旅につながり……。

 まるで良質な短編小説のような味わいだ。
 絵柄もていねいに描き込まれていて品があり、あたしのようなロートルでも難なく読める。裁ち切りも最低限で、きちんと枠に囲まれた3~4段コマ中心の基本的な構成なので、誌面も落ち着いている。
 だが、この漫画のすごいところは、ここから先である。

 この第1話を読了した時点で、誰もがこう思う……この作品の主人公は、「ミヤマレコード」の女性店主、深山さんらしい。おそらく第2話からは、この店を舞台に、ここに持ち込まれる様々なレコードをめぐるエピソードが展開するのだろう。査定を依頼した孫娘も、店の常連となるのではないか……ところが、そうは問屋が卸さないのだ。

 第2話「密盤屋の夜」は、1960~70年代の東欧とおぼしき国。おそらくソ連の衛星国だったころのチェコスロバキアかポーランドがモデルだろう。ここでは、西側のロックが禁じられている。だが、それらを求める若者たちのために、密かに西側からレコードを密輸入して販売する店がある。特にイギリスのロック・バンド「スタッグス」のレコードは大人気で……。
 というわけで、第1話の片鱗は皆無で、まったくちがう時代、国の物語となるのである。

 この第2話を読了した時点で、誰もがこう思う……そうか、本書は独立した短編作品集で、各話ごと、レコードをめぐる、まったくちがったエピソードが展開する構成らしい……ところが、そうは問屋が卸さないのだ。

 第3話では、第2話で話題のレコードとなった「スタッグス」当人たちが登場する。彼らがフィリピンとおぼしき東南アジアの国をツアーで訪れ、「ルーフトップ(屋上)・セッション」が展開する(ビートルズのイメージ)。その海賊録音が密かに流出し……。
 こうして、前の話のどこかが、次の話で大きなモチーフになって、次から次へと物語が連なっていくのだ。

 むかしから連作短編集には、「シャーロック・ホームズ」(コナン・ドイル)や、『赤ひげ診療譚』(山本周五郎)など名作が多い。だがそれらは、1人のキャラクターが全編に登場する構成だった。たまに、スティーブン・キング「恐怖の四季」4部作のように、前の話の小さな要素が、次の話のどこかにチラリと再登場する作品集もあるが、本作ほどの大きな展開はない。
 これに対し、本作は、ほとんど、バルザックが「人間喜劇」小説群で用いた、「人物再登場」法に近い(『ゴリオ爺さん』がその最初)。

 だがあたしは、それよりも、「レコード」を題材にしているだけに、音楽における「循環形式」を思い出した。あるモチーフが、曲中、形を変えながら再登場し、全体に統一感を与える手法である。
 そのルーツは、すでにルネサンスの時期に誕生しており、ギョーム・デュファイや、ジョスカン・デ・プレが、ミサ曲の各章をおなじ旋律で開始する「循環ミサ」を書いている。有名な、デュファイの《私の顔が青ざめているのは》《武装したひと》《めでたし天の女王》などは、その典型だ。
 この手法は、19世紀になってから、さらに複雑化して花開いた。ベルリオーズ《幻想交響曲》、フランク《交響曲》、リストの交響詩《前奏曲》、サン=サーンス《交響曲第3番「オルガン付き」》などは、曲中の前後や、楽章ごとに、一定の旋律が再登場して、前部を回想しながら、新たな展開が切り開かれる。

 漫画に「循環形式」なんて、あまりに大げさな解釈だと嗤うひともいるだろう。そういう方は、本書第3話のラストを、ご覧いただきたい。著者は同人誌出身で、本作が初の単行本らしいが、ただならぬ「循環形式」構成術の持ち主であることを実感するだろう。

 なお、余談だが、本書は、目次から奥付、造本、読者アンケートはがきに至るまで、徹底的なアナログ感覚にあふれている。ぜひ電子出版ではなく、「紙」の本でお読みいただきたい。

◇『音盤紀行』1/毛塚了一郎(KADOKAWA/エンターブレイン)は、こちら(試し読みあり)

◆『東京佼成ウインドオーケストラ60年史』(定価:本体2,800円+税)発売中。ドキュメント部分を執筆しました。全国大型書店、ネット書店などのほか、TKWOのウェブサイトや、バンドパワー・ショップなどでも購入できます。限定出版につき、部数が限られているので、早めの購入をお薦めします。

◆「富樫鉄火のグル新」は、吹奏楽ウェブマガジン「Band Power」生まれです。第132回以前のバックナンバーは、こちら。

◆毎週(木)21時・FMたちかわ/毎週(土)23時・FMカオン(厚木・海老名)/毎週(日)正午・調布FM/毎週(日)・FMはなび(秋田県大仙市)にて、「BPラジオ/吹奏楽の世界へようこそ」パーソナリティをやってます。パソコンやスマホで聴けます。 内容の詳細や聴き方は、上記「BandPower」で。

◆ミステリを中心とする面白本書評なら、西野智紀さんのブログを。 最近、書評サイト「HONZ」でもデビューしています。
スポンサーサイト



15:22  |   |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |