FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.12.30 (Sun)

第220回 驚愕の映画『私は、マリア・カラス』

マリアカラス
▲映画『私は、マリア・カラス』(2017年、フランス、監督:トム・ヴォルフ)


 20数年前、オペラCDブック全集の編集に携っていたことがある。付属CDのかなりが、マリア・カラス全盛期のライヴ音源だった。音質は悪かったが、どれも劇的な歌唱で、まさに「うたう大女優」といったイメージだった。
 その際、監修者のオペラ研究家・永竹由幸さん(1938~2012)がよく口にしていた話が、忘れられない。
「カラスのライヴ音源や映像は、ほぼ出尽くしてるんだけど、☓☓歌劇場や、△△座あたりには、記録用のテープや映像フィルムが、まだあるはずなんだよね」
 永竹さんは、奥様がイタリア人で、ミラノやサルデニア島にも自宅や事務所を持っておられた。
 イタリア各地の歌劇場関係者や、カラス全盛期のコンビ、ジュゼッペ・ディ・ステーファノ(1921~2008)とも親しく、アングラ・レベルまで含めて、かなりの情報を持っていた。
 それだけに、相応の信憑性を感じさせる話だった。

 現在公開中のドキュメント映画『私は、マリア・カラス』は、そんな“永竹情報”を裏打ちする、驚愕の映像集である。
 何に驚くといって、冒頭、いきなり、「蝶々さん」を演じているカラスの映像が登場するのである(1955年、シカゴでのゲネプロ? おそらく舞台袖から撮影した8ミリ映像)。
 わたしは、心臓が止まりそうになった。
 いうまでもないが、カラスの《蝶々夫人》は、カラヤン指揮、ミラノ・スカラ座の音源はあるが、「舞台映像」など、観たことない。
 あの大柄な身体を折るようにして、似合いもしない振袖姿、日本髪のカツラで、懸命に少女を演じている。

 そのほか、1958年、有名なリスボンでの《椿姫》の映像(おそらく客席から8ミリ隠し撮り)。
 愛人・オナシスとギリシャの小島を訪れ、村祭りに飛び入りで舞台に上がり、《カヴァレリア・ルスティカーナ》のアリアをうたう映像。
 とにかく「動いているカラス」が観られる、驚天動地の初出映像オン・パレードである。

 実はこの映画は、全編が、カラス本人の映像、および、彼女のメモや手紙の朗読だけで構成されており、第三者の証言や解説は(彼女の師ヒダルゴの生前インタビューを除いて)、一切、登場しない。
 人物説明や背景説明も、ほとんどない。
 よって、スカラ座で彼女に演技指導をしているのが名監督ルキノ・ヴィスコンティであるとか、前半で彼女の横にいつもいる中年男性が、最初の亭主でレンガ工場社長のメネギーニであるとか、世界ツアーで彼女をエスコートしているのがジュゼッペ・ディ・ステーファノであるとか、パゾリーニの映画『王女メディア』に出演して濃密な関係になったが映画は大コケしたとか、そういった解説や字幕は、一切、出ない。
 かなりカラスのことを知っていないと、隅々までは楽しめない、ある意味、たいへん不親切な映画である。
 知識の少ない方は、できれば、上映前にプログラムを買って、年譜ぐらいはざっと目を通しておいた方が、いいと思う。

 では、この映画の監督は、なぜ、そんな不親切なドキュメンタリをつくったのか。
 何年もかけて世界中で収集した彼女の「映像」が、あまりにすごいからに、ほかならない。
 これは、彼女の生涯をたどったり、検証したりする映画ではないのだ。
 言葉は悪いが、噂ばかりが先行して現物の姿が知られていなかった絶滅種の、生前の映像が大量に発見されたので、みんなで観ようじゃないかと盛り上がる、そんなフィルム集なのである。
 そこには、天才が、興味本位な視線と戦いながら、次第に疲弊し、ついに破れて絶滅する過程が刻まれていた。
 つまりカラスは、死後もなお、スクリーンの中で、わたしたちの「視線」を浴び、晒されつづけているのである。
 だから、哀れなのである。
 しかし、その責任は、わたしたちにもある、そんな鏡あわせのような、残酷な映画でもある。

 永竹さんが生きていたら、果たして、どんな感想を述べただろうか。
 あまりの迫力とリアルさに、「できれば見たくなかったよ」と言ったような気がする。
<一部敬称略>
 
◆「富樫鉄火のグル新」は、吹奏楽ウェブマガジン「BandPower」生まれです。第132回以前のバックナンバーは、こちら。

◆毎週(土)23時・FMカオン、毎週(日)正午・調布FMにて、「BPラジオ/吹奏楽の世界へようこそ」パーソナリティをやってます。
 パソコンやスマホで聴けます。 内容の詳細や聴き方は、上記「BandPower」で。

◆ミステリを中心とする面白本書評なら、西野智紀さんのブログを。 
 最近、書評サイト「HONZ」でもデビューしています。
スポンサーサイト
16:40  |  映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |